30代サラリーマンは年金1500万円以上払い損!さらに年金運用損失7、8兆円損失!?

子どものいる若い同世代夫婦へ拡散希望

働く若者が多く、

高齢者が少なく、

さらに高度経済成長期にできた

日本の年金制度。

高度経済成長期は10人の働く若者が1人の高齢者を支えていましたが、

今は2人の働く若者が1人の高齢者を支えています

65歳以上の方は生涯かけて払ってきた年金や税金に対して、

社会保障の恩地が1000万円以上トクをしています

僕たち働く30代は

これから一生まじめに働いて

年金や税金を払っても

1500万円以上損します

今年生まれた赤ちゃんは

年金を含む社会保障の借金だけで

1人3650万円以上背負って生まれてきました

どうして働く若者や子ども達が社会保障の借金があるかというと、

少子高齢化社会にも関わらず、高度経済成長期で働く若者が多く高齢者が少なかった時代と

同じ仕組みだからです

そして、その年金の運用損失が7.8兆円。

さらに社会福祉のために増税したはずの

消費税は

軍事予算に使われています


武力で平和訪れません


武器で人々の暮らしは豊かになりません


アベノミクスは大失敗で、

不景気が続き、未来に希望を持てない人もたくさんいます

働く30代の夫婦は

子どもの未来に責任ある行動をする

政治家を選んでいく事が大切です




0コメント

  • 1000 / 1000